· 

タワーマンションのウィンドウトリートメント

マナトレーディング
マナトレーディング

タワーマンションらしいワイドウィンドウのこちらのご物件ですが、

奥からバーチカルブラインド、レースカーテン、両サイドに装飾カーテン(実際は開け閉めしない飾りカーテン)、バランスを設置しました。

 

素晴らしい眺望のお部屋ですので、レースはかなり透け感のあるマナトレーディング のオーレルという生地を選ばれました。

(今回のコーディネートはお客様ご自身によるものです)

 

都心部ですので、それだけではプライバシー確保に心もとないということで、レースの奥にCreationbaumannのスペクトラを。

スペクトラは127ミリと89ミリ羽幅のラインナップがございますが、幅広タイプをセレクトいたしました。

仕上がりの違いは89ミリですとよりスタイリッシュに、127ミリですとゆったりとした雰囲気の印象です。

 

やはりタワーマンションは眺望を妨げないこと、プライバシーの確保、室内温度のコントロールのバランスが非常に重要だと思います。

そうした意味でもバーチカルブラインドは季節による陽の傾きに対応しやすいですし、適したアイテムだと思います。

 

 

「眺望を妨げないこと」を配慮したうえでエレガンスなスタイルもしっかりと表現したいということで、

元々の設であるカーテンボックスをバランスで隠そう、となりました。

そこでバランスの丈はかなり慎重に検証し、13センチとかなり控えめな丈で製作いたしました。

Creationbaumann

今回はお客様がご自身のセンスを生かし、アイテム決めやデザインはお客様がお選びになり、

弊社としてはボリュームやサイズ感などを決める部分でお手伝いさせていただきました。

ショールームなども全て予約制で動きづらい中、ご自身で足をお運びいただき結果的にとてもオリジナリティのある

センスの良い仕上がりとなりました。